getmedia-16-ashx

本日、マーケットに出てきたケオラライ(Keola Lai) と言う名前のコンドミニアムは、カカアコにおける、コンドミニアム建設ラッシュの先駆けと言えるコンドミニアムです。カカアコは、ワイキキ、アラモアナ、ワード、とショッピングにビーチに観光客もローカルも集まる地区とダウンタウンの間にある地区です。開発がスタートするまでは、カカアコは小さな工場や倉庫が立ち並んでいた商業地区でした。

getmedia-9-ashx

ダウンタウン勤務の方には理想的な場所と言えます。仕事だけでなく、食べ歩き、ワードでのショッピングにダイニング、そして、コンサートやファーマーズマーケットといった多彩なイベントが催されるブレイズデル・センターといったところまでも、歩いて行くことができます。そして、カカアコ地区内にも、新たに多彩なショッピングやダイニングのオプションができつつあるのです! さて、コンドミニアムそのものについて見ていきましょう。

ケオラライ(Keola Lai) の物件の大半は、2ベッドルームで、面積は934-1045平方フィート(約86-97平方メートル)となっております。間取りは1種類のみではなく、いくつかのオプションがあります。2ベッドルーム以外の物件に関しては、673平方フィート(約62平方メートル)の1ベッドルーム、そして1402平方フィート(約130平方メートル)もの広さを誇る3ベッドルーム物件もあります。

各階における部屋の並びは、フロアごとにいくらか異なります。相違点を生み出す要素として主なものは、角部屋が一つの大きな3ベッドルームになっているか、2ベッドルームと1ベッドルームに分かれているかによるものです。全戸とも天井が高く、8.5フィート(約2.6メートル)もあります。そのため、部屋全体が広々とした、明るい雰囲気でいっぱいです。

ケオラライ(Keola Lai) のマカイ側(海側)の高層階からはオーシャンビューがご覧になれます。ですが、ワイキキとは違い、建物に取り囲まれているわけではないので、どの部屋からの眺望も素晴らしいものです。夜になれば、非常に美しい夜景が見えます。おやすみ前に心安らぐ光でリラックスしていただけます。

他の要素も非常に素敵で、なおかつ良い状態に保守管理されております。例えば、ガラス張りのフィットネスセンター、素晴らしい温水プールといったものが挙げられます。また、レクリエーションデッキからは、ホノルル全域を見渡すことができます。来客用駐車場も多数ありますので、ご友人やご家族を家に招くのが好きな方でも、ストレスを感じることがありません。

getmedia-1-ashx

今回ご紹介するのは2ベッドルーム+ラナイの物件です。玄関から廊下を通るとオープンキッチンへと続きます。床はユニット全体、セラミックタイルとなります。キッチンの照明が天井に9つセッティングされていますので、とても明るいのですが、それプラス、キャビネットの下に付いている照明がキッチンカウンターを照らしますのでお料理しやすい作りです。キッチンカウンターはコの字型です。調理台、流し、と連続してい手作業しやすいキッチンです。オープンキッチンですので、家族や友人と会話をしながら料理を楽しむ事が出来ます。フレンチドアの大型冷蔵庫の横は保存食を収納できる大きなパントリーとなっています。

getmedia-ashx

冷蔵庫、電気の調理台、オーブン、その上には換気扇機能の付いた電子レンジ。流しの横には食洗機が付いています。

getmedia-3-ashx

リビングルームは一面ガラスドアになっていて、ラナイに出られるようになっています。ここからの眺めはダウンタウン、ホノルルハーバー、そして西の方にあるワイアナエ山脈まで見渡せる、サンセットビュー。

getmedia-5-ashx

リビングルームを真ん中にして両脇にベッドルームがあります。こちらはマスターベッドルームで、ガラスの扉はウォークインクローゼットとなります。

getmedia-6-ashx

マスターベッドルームの横にあるマスターバスルームは2つの洗面台が付いていますので、忙しい朝の準備もおふたり同時にできますので、便利です。磨りガラスのドアの奥は広いシャワールームとなります。

getmedia-4-ashx

リビングルームを挟んでマスターベッドルームと反対側にあるベッドルームです。こちらからもラナイに出る事が出来ます。プライバシーを保つ事ができるから、という理由で、このようにベッドルームがリビングルームを挟んで2つある、というレイアウトが好まれる傾向にあります。

getmedia-8-ashx

もう一つあるバスルームはバスタブが付いています。

getmedia-2-ashx

キッチンの近くにあるコーナーには作り付けのソファがあります。ダイニングスペースです。

getmedia-14-ashx

建物内に高水準のアメニティ施設が取りそろっているため、ここでの生活は便利。またコミュニティとして、なかなか良い雰囲気も感じ取れます。涼しい夕方には屋外デッキでポップコーン付きの映画上映会が開催されることがあったりします。スタッフのレベルは高く、仕様も高級なものになっており、住人の中にはここをホテルのようだとおっしゃる方もおられます。

getmedia-15-ashxgetmedia-12-ashx

現在、一つある欠点としては、地区全体が開発により変遷しようとしているため、大規模な工事現場に隣接しているところです。そのため、しばらくの間は近所が相当騒がしくなってしまいます。しかしながら、ホールフーズ、ダウントゥーアースといった自然派スーパーマーケット、レストラン、などの商業施設が2017年に完成していきますと、ホノルルで最もホットなエリアにお住まいになっている、ということになります。それまでの不便が大きく報われることになるでしょう。ケオラライにはマイナス部分を大きく上回るプラス部分があります。カカアコが完成するまでの間、今日のイライラは、明日の喜びへとつながる通過点に過ぎません。

ご予算が1億円程度で検討される場合はアラモアナ.カカアコ地区の築10年程度の2ベッドルームのコンドミニアムがお薦めです。ワイキキ.アラモアナ.カカアコ地区内では、全体のユニット数に対して、この価格帯での2ベッドルームの割合が少なく、アメニティーが充実したものが多いため、将来的価値を保つ可能性が高いためです。また、価格と建物のクオリティーのバランスが良いという点もお薦めできる理由の一つです。

この物件は既に成約済みです

住所

600 Queen St #3502, Honolulu HI 96813

MLSプロパティーはHicentral MLS, Ltdの多様情報登録、掲載サービスでコンピューターを利用した住宅物件登録、紹介システムです。
情報は信頼できると考えられますが、保証されません。

The MLS properties are based on information from the Multiple Listing Service of Hicentral MLS, Ltd.
Listing Information is deemed reliable but not guaranteed.

この物件は既に成約済みです
マキ
Author

江藤マキ(RS-69272)。 Coldwell Banker Pacific Properties (RBO-16781)。 東京の玉川大学でテキスタイルデザインを専攻、卒業後、横浜、都内でデザインの仕事を経験した後、海と関わりのあるライフスタイルを目指してハワイに移住。ダイビングのインストラクターを10年続けて、2009年からハワイ不動産協会のライセンス取得後ハワイ全島の不動産を取り扱うエージェントとして活躍しています。

プロフィール詳細を読む