アロハ、マキです。ハロウィンが終わると、サンクスギビング、クリスマス、ニューイヤーとホリデームードが高まりつつあるハワイです。購入前に候補物件を見に、ハワイにいらっしゃるお客様が、滞在中にできる準備をご紹介します。

ハワイの銀行口座を開設

ハワイに不動産を持つ、ということは、管理費の支払い、固定資産税の支払い、レンタル収入、など、ドルでのお金の出入りが多くなります。日本の銀行を通してのやり取りですと、そのつど手数料がかかる、為替の影響、などが発生しますので、ハワイの銀行口座を開設することを強くお勧めいたします。銀行口座を開設するには、パスポート、開設時に入れるお金を準備いただければどなたでも開設できます。日本語対応をしてくれる銀行もワイキキ内にございます。口座開設にかかる時間は約1時間です。銀行内にはこんな便利なサービスもあります。購入後の不動産に関する支払い代行サービス。不動産管理に発生する主な費用としましては、

①.管理およびメンテナンス費

②.固定資産税

③.保険料

④.光熱費や電話、ケーブルTVなどの利用料金

以上のような支払い代行サービスを利用すれば、日本にいながらも、支払い期限を気にしなくてもいい、という安心を手に入れる事ができます。

候補物件の周辺環境を知る

候補物件の周辺環境を知る事は、購入を決断する前にぜひ、ご自分の目で確かめていただきたいことです。現地の情報はインターネットを通じて何でも入ってくる時代ですが、やはり、自分で実際にその場に来てみて初めてわかることもあります。大切な不動産です。必ず、ご自分の目で確かめていただけるよう、物件のみでなく、周辺環境も、くまなくご案内いたします。

ハワイの不動産、ローンを組むか、現金で購入か

ハワイの不動産をローンで購入されるお客様も増えてきています。ローンで購入をお考えのお客様には、日本語で案内をしてもらえるハワイのローンオフィサーをご紹介いたします。ハワイ滞在中にローンオフィサーに会い、ローンを組む上で審査に必要な書類の説明を受ける事により、実際にローンを組む事が可能かどうかを確かめることができます。このステップをふむことにより、現金か、ローンか、という先の方向性を定めることができます。

不動産購入を考えてハワイにいらっしゃるお客様の貴重なお時間です。限られた時間を有効に使えるように、お客様に合った方法で、購入前の準備のお手伝い、いたします。

 

 

マキ
Author

江藤マキ(RS-69272)。 Coldwell Banker Pacific Properties (RBO-16781)。 東京の玉川大学でテキスタイルデザインを専攻、卒業後、横浜、都内でデザインの仕事を経験した後、海と関わりのあるライフスタイルを目指してハワイに移住。ダイビングのインストラクターを10年続けて、2009年からハワイ不動産協会のライセンス取得後ハワイ全島の不動産を取り扱うエージェントとして活躍しています。

プロフィール詳細を読む